ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年9月号

《特集1》倉敷で就農~未来を担う後継者(2)

3/75

岡山県倉敷市

◇船穂地区 西田和寛さん(38歳)
ブドウ(マスカット・オブ・アレキサンドリア、シャインマスカット、瀬戸ジャイアンツ)を栽培。就農2年目。大阪府出身
《自然が豊かな土地で子育てを》
もともと農業に興味があり、定年退職してから農業をしたいと考えていました。妻の後押しで、就農オリエンテーションで船穂地区のブドウ栽培を見学し、イメージが湧きました。船穂地区は、全国有数のブドウの産地で、長年先人たちが築き上げてきたブランド力に魅力を感じました。また、自然が豊かな土地で子育てをし、子どもに「ふるさと」を作ってあげたいという思いもあり、就農を決めました。
入院して農地の管理ができなくなった時は、地元農家の人や後継者クラブ、近所の人などに支えられ、乗り越えることができました。自分が作ったブドウを「おいしい」と言ってもらえると、来シーズンも頑張ろうとやる気が出ます。これからも「船穂ブランド」に恥じないブドウを作っていきたいです。

◇船穂地区 目黒裕樹さん(38歳)
スイートピーを栽培。就農2年目。倉敷市出身
《経済面の不安は先輩の話で解消》
岡山市内で会社勤めをしていましたが、農業に興味があり、地元で就農したいと考えていました。産地見学会に参加したり、先輩農家から農業のやりがいを聞いたり、船穂地区のスイートピーのブランド力・品質・生産量が全国トップレベルであることを知ったりして、就農を決意しました。
就農前は、経済面で不安もありましたが、同じように転職した先輩農家から話を聞き、自分の就農イメージができたため、不安が解消されました。自分の育てたスイートピーが市場から高い評価を得たり、消費者に喜んでもらったりした時は、やりがいを感じます。
今後は、高品質なスイートピーを安定して出荷するために、技術の向上に努め、ハウスなどの設備投資を行っていきたいです。

◇真備地区 神野英樹さん(35歳)
ブドウ(ピオーネ、翠峰(すいほう))を栽培。就農2年目。総社市出身
《目標は専業農家として自立すること》
ブドウの栽培をしていた親戚が高齢になり栽培をやめた土地で就農しました。また別の農地も借りて、昨年から「翠峰」を出荷しています。現在は、会社勤めをしながら、夕方や休みの日に作業を行っています。
就農前は、市外から来てうまくやっていけるか不安もありましたが、温かく迎え入れていただきました。
また、農業は初めてで、自信がありませんでしたが、先輩農家や農業普及指導センターの職員が現場で指導してくれました。収穫時は、「ここまできたか」と感慨深かったです。
専業農家として自立するために、他の品種の栽培を始めたり、ハウスなどを少しずつ整えていきたいと考えています。手間を掛ければ良いものができるところにやりがいを感じています。

◇連島地区 太田隆久さん(40歳)
連島ごぼうを栽培。就農17年目。倉敷市出身
《多くの人に連島ごぼうを届けたい》
農業大学校を卒業後、就農しました。両親が連島ごぼう農家で、幼い頃から手伝いをしており、将来は後を継ぎたいと考えていました。
「春まきゴボウ」「秋まきゴボウ」の他、1月~3月に出荷する「新旬ゴボウ」にも取り組んでおり、1年を通して出荷できる点もゴボウ作りの魅力です。
売り方などを工夫して、新たな流通ルートを開拓し、地元はもちろん、県外にも広め、より多くの人に連島ごぼうを食べてもらいたいです。
早朝からの作業や夏の雑草除去など体力的にも大変な作業が多いですが、その分収穫時の喜びもひとしおです。
農業は大変ですが、自分が作ったものを、消費者に食べてもらうことで初めて結果が分かるというやりがいのある職業だと感じています。

◇連島地区 髙橋幹雄さん(36歳)
連島れんこんを栽培。就農6年目。倉敷市出身
《地域の活動にも積極的に参加を》
祖父と父が農業をしており、幼い頃から農業を身近に感じる環境に囲まれ、農業が好きでした。
地域の人の多大な努力により、「連島れんこん」のブランド力が築かれていることは非常にありがたいと感じています。
農業は、正解が1つではなく、自分なりに日々試行錯誤を繰り返しています。自然が相手の仕事なので、思い通りにいかないこともあり大変ですが、うまくいった時にはその分やりがいがあります。
また、子どもたちに地元の特産品について知ってもらうため、小学校の校庭でレンコンを栽培し、収穫体験をしてもらっています。農業をしながら、地域の活動にも積極的に参加していきたいと思っています。

問合せ:本庁農林水産課
【電話】426-3425
市ホームページ番号:102551

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640