ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されます

18/34

熊本県和水町

10月1日から、消費税および地方消費税の税率が10%に引き上げられると同時に、消費税の軽減税率制度が実施されます。

◆軽減税率(8%)の対象商品
飲食料品:飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。)をいい、一定の一体資産を含みます。
外食やケータリングなどは、軽減税率の対象品目には含まれません。
新聞:新聞とは、一定の番号を用い、政治、経済、社会、文化などに関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。

《軽減税率の対象となる飲食料品の範囲》
軽減税率対象:飲食料品(食品表示法に規定する食品)
標準税率対象:人の飲用又は食用に表されるもの
酒類、テイクアウト・宅配など、外食、ケータリングなど、一体資産(※)、医薬品・医薬部外品など
※一定の一体資産は、飲食料品に含まれます。

◆全ての事業者
飲食料品の売上げ・仕入れの両方がある課税事業者:売上げや仕入れについて、取引ごとの税率により区分経理を行うことや、区分記載請求書などを交付する必要があります。
飲食料品の売上げがなくても飲食料品の仕入れ(経費)がある課税事業者:仕入れ(経費)について、取引ごとの税率により区分経理を行う等の対応が必要となります。
免税事業者:課税事業者と取引を行う場合、区分記載請求書などの交付を求められる場合があります。
帳簿および区分記載請求書、軽減税率対策補助金などに関しては、下記にお問い合わせください。

◆軽減税率制度に関する問い合わせ先
〇消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)
専用ダイヤル:【電話】0570-030-456
受付時間:午前9時~午後5時(土日祝除く)
上記専用ダイヤルのほか、最寄りの税務署に電話し、ガイダンスに沿って「3」を押すと、つながります。
〇税務署での面接による個別相談(関係書類などで具体的な事実などを確認する必要のある相談)を希望する人は、最寄りの税務署へ電話し、面接日時などを予約してください。
〇軽減税率制度についての詳しい情報は、国税庁ホームページ【HP】www.nta.go.jp内の特設サイト「消費税の軽減税率制度について」をご覧ください。

国税庁ホームページ下部の「▷その他のバナー一覧」をクリック→「消費税軽減税率制度」へ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU