ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年8月号

まび復興通信

3/76

岡山県倉敷市

■玉島消防署真備分署が元の場所で業務を再開
仮設真備分署で消防業務を行ってきましたが、復旧工事が完了しましたので、7月26日から、元の場所(真備町有井1930-3)での業務を再開しました。

問合せ:玉島消防署真備分署
【電話】698-2121

■真備地区創業支援補助金の申請を受け付け中
対象者:令和元年度内に真備地区で創業を行った人。その他にも要件がありますので、詳しくは、問い合わせてください。
補助率:4分の3
限度額:50万円
対象経費:機械装置費、備品費、広告宣伝費、賃借料(店舗、事務所または駐車場の賃借料に限る)、委託費(官公庁への申請書類作成に係るものに限る)

問合せ:本庁商工課
【電話】426-3405

■被災者生活再建支援金(基礎支援金)の申請受け付け期間を延長
公費解体の申請期間の延長などに伴い、被災者生活再建支援金(基礎支援金)の申請受け付け期間を、令和2年8月4日(火)まで延長しました。申請方法など詳しくは、「広報くらしき臨時号」などでご確認ください。

問合せ:本庁福祉援護課
【電話】426-3321

■イベントカレンダーを市ホームページに掲載
「まび復興だより」に掲載しているイベントなどを確認できるイベントカレンダーを、市ホームページに掲載しましたので、活用してください。

問合せ:本庁くらしき情報発信課
【電話】426-3061
市ホームページ番号:123948

■県が、子ども災害見舞金を支給
県では、子ども災害見舞金の申請受け付けを行っています。詳しくは、問い合わせてください。
平成30年7月豪雨の場合の申請期限:10月31日(木)

問合せ:県子ども家庭課子ども災害見舞金係
【電話】086-226-7874

■国が、小田川合流点付替え事業に着手
国は、現在の柳井原貯水池を活用し高梁川との合流地点を約4.6キロメートル下流へ付替え、小田川沿川地域と倉敷市街地の治水安全度の向上を図る、小田川合流点付替え事業に着手しました。5年後の完成に向けて、安全・着実に進めていきます。

問合せ:国土交通省高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所
【電話】697-1020

■市が、国民健康保険・介護保険の自己負担分の減免期間を12月末まで延長
平成30年7月豪雨で、一定以上の被災をされた方については、国により、国民健康保険や介護保険の保険料・自己負担分について、支払いが減免されていました。この国の措置は、6月末で終了となりましたが、倉敷市の国民健康保険・介護保険制度においては、その自己負担分について、市独自に、12月末まで減免の措置を続けることとしました。対象の方には証明書をお送りしています。(1)被保険者証(2)市役所から送付された証明書の両方を医療機関などの窓口で提示することで、支払いが不要となります。なお、後期高齢者医療制度の自己負担分の減免についても、12月末まで延長されます。健康保険組合、共済組合などでの取り扱いについても、個別に各保険者にご確認ください。

問合せ:
国民健康保険について…本庁国民健康保険課【電話】426-3281
介護保険について…本庁介護保険課【電話】426-3343
後期高齢者医療制度について…本庁医療給付課【電話】426-3395

■公費解体の申請は12月27日(金)まで
半壊以上の空き家や集会所などで解体が必要なものについて、引き続き12月27日(金)まで申請を受け付けます。合わせて、6月末までに権利関係者の同意を得られないなどの特別な事情により、申請できなかった方についての受け付けも行います。空き家などについては、申請書類の準備に相当な期間を要する場合がありますので、早めにご相談ください。
受付時間:8時半~17時((土)(日)(祝)(休)除く)。当日15時までに氏名・用件をご連絡いただいた場合は、19時まで対応します。
受付場所:真備支所1階

問合せ:本庁災害廃棄物対策室
【電話】426-3389

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640