ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年7月号

まび復興通信

2/76

岡山県倉敷市

■7月6日(土)、「平成30年7月豪雨災害倉敷市追悼式」の式典後に、市民の皆さまから献花をしていただけます
市は、未曽有の災害から1年となる7月6日(土)に、災害により亡くなられた方々を追悼するとともに、今後の復興への誓いを新たにするため、ご遺族の皆さま、国・県・市の関係者などによる、「平成30年7月豪雨災害倉敷市追悼式」を開催します。併せて「平成30年7月豪雨災害の碑」を設置し、除幕を行います。

◇式典後に、11時半ごろから15時まで、市民の皆さまから献花をしていただけます
献花用の花は、会場に用意しています。
時間:7月6日(土)11時半ごろ~15時。荒天時は順延
場所:真備支所前駐車場大型テント

問合せ:本庁総務課
【電話】426-3121

■小田川・末政川・高馬川・真谷川の堤防決壊箇所の本復旧が完了。大武谷川・背谷川・内山谷川の土砂撤去が完了
◇小田川の決壊箇所
国は、本復旧を6月14日までに完了しました。引き続き、国と市が連携して、堤防の拡幅を行っていきます。

問合せ:国土交通省高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所
【電話】697-1020

◇末政川・高馬川・真谷川の決壊箇所
県は、6月12日までに元の堤防の高さまで本復旧を完了しました。引き続き、河川改修工事を進めていきます。

問合せ:県備中県民局河川激甚災害対策班
【電話】434-7157

◇大武谷川・背谷川・内山谷川の治水対策
市は、豪雨で川底にたまった土砂を取り除いて流下能力を高める工事を行い、5月末までに完了しました。真備地区内のその他の河川も含めて、引き続き対策を行っていきます。

問合せ:真備支所建設課
【電話】698-8108

■7月23日(火)、真備公民館が業務を再開。また、真備公民館で、図書の閲覧・貸し出し・予約・予約図書の受け取りサービスを開始
真備公民館は、被災した1階部分の改修工事を終え、7月23日(火)から業務を再開します。

◇貸館、夏の公民館講座の申し込み受け付け
7月7日(日)9時~、真備公民館で。先着順

問合せ:真備公民館
【電話】698-0042

◇真備公民館で、図書(2,000冊程度)の閲覧・貸し出し・予約・予約図書の受け取りサービスを開始
7月23日(火)~、真備公民館で。10時~17時

問合せ:中央図書館
【電話】425-6030

■公費解体の申請は12月27日(金)まで
平成30年7月豪雨で被災した建物が手付かずのまま放置される状況を防ぐため、半壊以上の空き家や集会所などで解体が必要なものについて、引き続き公費解体の申請を受け付けます。期限は12月27日(金)までです。合わせて、6月末までに権利関係者の同意を得られないなどの特別な事情により、申請できなかった方についての受け付けも行います。空き家などについては、申請書類の準備に相当な期間を要する場合がありますので、早めにご相談ください。
受付時間:8時半~17時((土)(日)(祝)(休)除く)。当日15時までに氏名・用件をご連絡いただいた場合は、19時まで対応します。
受付場所:真備支所1階

問合せ:本庁災害廃棄物対策室
【電話】426-3389

■大雨が予測される場合に、新成羽川ダムなどが事前放流を行います
中国電力(株)は、この梅雨時期からの出水に備え6月中旬から、高梁川水系にある県内最大の新成羽川ダムで、積算雨量110mmを超えると予測される場合に、事前放流を開始します。その際、ダムから成羽川を経て高梁川河口まで、警報車による巡回警告を行います。
事前放流の効果は限界があり、実施しても川の氾濫を防げるわけではありませんので、避難勧告などに従い、適切な行動を取ってください。
また、県管理の新見4ダム(河本・高瀬川・三室川・千屋)についても、大きな洪水が予想される場合には、これまでの洪水調節と合わせて事前放流を行い、中国四国農政局の小阪部川ダムでは、空き容量の確保を実施していきます。

問合せ:
中国電力(株)東部水力センター水力総括課【電話】0859-31-3061
県河川課【電話】086-226-7476
農林水産省中国四国農政局設計課【電話】086-224-4511

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640