ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年7月号

《特集2》なくそう!望まない受動喫煙~マナーからルールへ

5/76

岡山県倉敷市

望まない受動喫煙をなくすため、平成30年7月に健康増進法が一部改正されました。これにより、受動喫煙による健康影響が大きい子どもや患者に特に配慮するため、学校や病院などは7月1日から敷地内での喫煙を原則禁止し、飲食店や娯楽施設、オフィスなどは令和2年4月1日から屋内での喫煙を原則禁止することになりました。また、屋外や家庭など、禁じられていない場所での喫煙も、周りの人が煙を吸うことがないようにする配慮が義務付けられました。

■たばこの害について
たばこの煙には4,000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち約200種類は発がん性物質や動脈硬化を引き起こす有害物質です。呼吸器・循環器・消化器・口腔疾患や糖尿病、歯周病など喫煙が引き起こすさまざまな疾患により、日本では年間12~13万人が亡くなっています。それに加えて、喫煙者のたばこの煙を吸うこと(受動喫煙)により、非喫煙者も上記のような疾患にかかる危険性が高くなっています。受動喫煙が引き起こす疾患が原因で、年間約15,000人が亡くなっており、健康への影響は深刻です。

■法律はどのように改正されたの?
(1)目的は「望まない受動喫煙による健康影響をなくす」ため
受動喫煙を望まない人が、屋内で受動喫煙にさらされる状況をなくします。

(2)受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者などに配慮
20歳未満の人や病気の人が主に利用する施設や屋外について、受動喫煙対策を一層徹底します。

(3)施設の類型・場所ごとに対策を実施
施設において、利用者の違いや受動喫煙による健康影響の程度に応じ、場所ごとに異なる喫煙ルールを定め、喫煙室には標識の掲示を義務付けます。

詳しくは、厚生労働省ホームページ「なくそう!望まない受動喫煙。」https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/で確認してください。

■改正で変わる!私たちの身の回り
◇学校・病院・児童福祉施設・行政機関の庁舎などは原則敷地内禁煙に
受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた屋外の場所以外での喫煙ができなくなりました。
《令和元年7月1日から》

◇飲食店・娯楽施設・オフィス・事業所・鉄道・船舶などは原則屋内禁煙に
屋内での喫煙には、室外への煙の流出が防止された喫煙室の設置が必要になり、喫煙室には標識の掲示が義務付けられます。
《令和2年4月1日から》

◇20歳未満の人は喫煙可能場所へ立ち入り禁止に
20歳未満の人は、喫煙を目的としない場合でも喫煙可能場所への立ち入りができなくなります。アルバイトなどで働く場合も同様です。
《令和2年4月1日から》

■たばこをやめようと思っているあなたへ
禁煙外来・禁煙クリニックでは、医師のアドバイスやサポートを受けることができます。市内の禁煙外来・禁煙クリニックは、市ホームページ(ホームページ番号122841)で確認できます。

■職場での受動喫煙対策に取り組む中小企業主の皆さんへ
受動喫煙防止対策を行う際に、費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策助成金」の制度があります。詳しくは、厚生労働省ホームページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html、または厚生労働省岡山労働局健康安全課【電話】086-225-2013へ問い合わせてください。

問合せ:
市保健所健康づくり課【電話】434-9820
厚生労働省受動喫煙対策に係るコールセンター【電話】03-5539-0303

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640