ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年6月号

《特集2》全米桜祭りで倉敷市のジーンズを発信

5/85

岡山県倉敷市

毎年3月・4月に、米国・ワシントンD.C.で開催される全米屈指の祭典「全米桜祭り」に、倉敷市が初参加しました。米国発祥のジーンズを日本で初めて生産し、独自の技術を加えて世界に広めた倉敷市のジーンズ産業を、在米日本国大使館との共催により多彩なプログラムで紹介し、市の魅力を発信しました。

■プリンセスプログラム
在米日本国大使旧公邸を会場に、全米から選出された桜プリンセスなど60人に対して、市のジーンズ産業の歴史の紹介や市内事業者((株)WHOVAL・TCB(株))によるジーンズ加工のデモンストレーションなどを実施

■デモンストレーション・ワークショップ
一般参加者や米国連邦議員補佐官などを対象に、市内事業者((株)WHOVAL)によるジーンズ加工のデモンストレーションや倉敷市産デニムを使ったオリジナルコースター作りワークショップなどを実施

■ジャパニーズストリートフェスティバル
桜祭り最大のイベントに出展し、市のジーンズ産業や観光情報の発信、ワークショップ、市内事業者によるジーンズ販売の他、日本人ダンサーによる市を紹介するステージパフォーマンスを実施

■特別展示企画「Indigo Thread/藍・つむぐ」
在米日本国大使館広報文化センターで、日本でのジーンズ産業発展の歴史を、市のジーンズ製品などを用いて紹介するとともに、パネルやプロモーションビデオにより、市の日本遺産ストーリーとジーンズの魅力をPR(6月28日まで開催)

■在米日本国大使公邸レセプション
在米日本国大使公邸で開催されたレセプションに、市のPRブースを設置。米国連邦政府や文化・芸術分野の関係者など約500人に対し、観光情報の発信や地酒の振る舞い、市内事業者のジーンズ製品の紹介などを実施

■映画「Weaving Shibusa」の上映・トークイベント
日本のジーンズ産業をテーマにしたドキュメンタリー映画「Weaving Shibusa」を上映し、出演した市内事業者((株)ジャパンブルー・TCB(株))によるトークイベントを実施

問合せ:本庁企画経営室日本遺産推進室
【電話】426-3018

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640