ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年6月号

《特集1》実際に避難所までの経路を歩いて確認し風水害に備えましょう!(2)

4/85

岡山県倉敷市

■川の水位情報を入手できます
https://k.river.go.jp/
高梁川や小田川などに設置された危機管理型水位計による、川の水位情報を、パソコンやスマートフォンで確認することができます。避難に活用してください。
設置されている水位計のマークを選ぶことで、増水状況をリアルタイムで把握できます。

■市内一斉総合防災訓練
市では、地域の防災意識向上のため、毎年防災訓練を実施しています。
日時:9月22日(日)9時~12時(予定)
場所:
・主会場…ボートレース児島駐車場
・地区会場…各小・中学校など

問合せ:本庁防災危機管理室防災推進課
【電話】426-3131

■自衛隊コンサートを7月16日(火)に開催
災害からの復興と、住民の皆さんの防災意識向上のため、航空自衛隊航空中央音楽隊コンサートを開催します。開催時間・申込方法など詳しくは、市ホームページなどでお知らせします。
日にち:7月16日(火)
場所:市民会館

問合せ:本庁防災危機管理室防災推進課
【電話】426-3131
市ホームページ番号:8940

■地域の防災訓練に積極的に参加しましょう
災害時に、適正な判断と、適正な行動ができるよう、日頃から積極的に訓練に参加しましょう。さまざまな世代の人が集まる、地域の防災訓練に参加することで、地域の防災力が強化されます。また、地域の活動に参加することで地域の状況が把握でき、共助の輪が広がるきっかけにもなります。

■浸水に備えて土のうを準備しましょう
局地的豪雨などによる水害から、自身の家や身を守るため、あらかじめ防災用の土のうを準備しておきましょう。自主的に土のうを準備・保管している、町内会・自治会や自主防災組織などの団体もあります。事前に、住んでいる地域の団体に確認しておきましょう。市が行う土のうの配布は、緊急時に限ります。また、配布時間には指定があり、土のうの数にも限りがあるので、事前に準備するよう心掛けましょう。

■地区防災計画を知っていますか
自分たちが住んでいる地区には、どのような災害の危険性があり、どのように対応するのかを住民の皆さんが話し合い、自主防災組織などにおいて作成するのが「地区防災計画」です。今年度、市は策定のための手引きを作成するなど、地区防災計画を策定するための取り組みを支援します。

■防災士育成講座の受講者募集
防災士は、防災に関する知識を持ち、地域の防災リーダーの役割を担う人として、日本防災士機構が認定する資格です。防災士の資格は、半日程度の救急救命実技講習と2日間の講座を受け、講座修了後に実施する試験に合格し、登録申請することで認証されます。詳しくは、問い合わせを。
日時・場所:
・救急救命実技講習…6月30日(日)9時~12時・消防局(修了証がある人は受講不要)
・講座…7月13日(土)・14日(日)9時~18時半・倉敷芸術科学大学
要件:市内在住で、次のいずれかに該当する人。
(1)自主防災組織に所属し、会長の推薦を受けた人
(2)自主防災組織の結成を計画している町内会・自治会などに所属し、会長から推薦を受けた人
※申込時に、市が今年度から支援する地区防災計画の作成に積極的に携わること、および地域の防災力向上のために活動することを誓約してもらいます。
定員:30人
受講料:市が負担。防災士認証登録料5,000円は受講者が負担
申込方法:6月14日(金)(必着)までに、本庁防災危機管理室、各支所にある申込用紙を問い合わせ先へ持参か郵送で。申込用紙は市ホームページからも入手可。多数の場合は選考。決定通知を後日郵送

問合せ:本庁防災危機管理室防災推進課(〒710-8565西中新田640)
【電話】426-3131
市ホームページ番号:8940

問合せ:
本庁防災危機管理室防災推進課【電話】426-3131
危機管理課【電話】426-3645
市ホームページ番号8940

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640