ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年4月号

地球温暖化対策を推進するための補助金制度

15/71

岡山県倉敷市

予算がなくなり次第終了するので、早めに申請してください。
申請期間:4月1日(月)~

■電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車・充電設備
対象:市内に1年以上在住の個人、市内に事務所などがある法人・個人事業者
補助金額:
・電気自動車…上限20万円
・プラグインハイブリッド車…上限10万円
・燃料電池自動車…上限50万円
・急速充電器…上限20万円(出力50キロワットを超える物は50万円)
・普通充電器…上限10万円。充電設備は補助対象経費の2分の1以内
補助要件:
・電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車…車両登録日から60日以内の申請
・充電設備…着工前の事前登録。不特定多数または特定多数が利用できる駐車場などに設置する場合に限る

■戸建住宅用太陽光発電システム
対象:市内在住で、既築・中古の戸建個人住宅に太陽光発電システムを設置する人
補助金額:太陽電池モジュール1キロワット当たり2万円。上限4キロワット8万円
補助要件:現に居住する住宅に接続する余剰売電であること。未使用の機器であること。連系日から60日以内の申請

■戸建住宅用太陽熱利用システム
対象:市内在住で、既築・新築の戸建個人住宅に太陽熱利用システムを設置する人
補助金額:上限3万円。補助対象経費の10分の1以内
補助要件:一般社団法人ベターリビングの認定を受けた機器であること。自ら居住する住宅に設置する未使用の機器であること。設置日から60日以内の申請

■戸建住宅用燃料電池システム(エネファーム)
対象:市内在住で、既築・新築の戸建個人住宅に燃料電池システムを設置する人
補助金額:上限7万円。補助対象経費の10分の1以内
補助要件:自ら居住する住宅に設置する未使用の機器で、国が補助対象とする機器であること。設置日から60日以内の申請

■戸建住宅用定置型リチウムイオン蓄電池
対象:市内在住で、既築・新築の戸建個人住宅に定置型リチウムイオン蓄電池を設置する人
補助金額:上限10万円。補助対象経費の10分の1以内
補助要件:自ら居住する戸建住宅に設置する未使用の機器であること。設置日から60日以内の申請

■次世代エコハウス
対象:市の定める認定要件を全て満たす、新築の戸建・兼用住宅を建築または購入して居住する人
認定要件:
(1)国の低炭素建築物新築等計画または建築物省エネ法の認定を受けている
(2)太陽光発電システムまたは太陽熱利用設備のいずれかを設置
(3)県産木材の利用や電気自動車用充電設備の設置などの複数項目から1つ以上を満たす
補助金額:15万円
補助要件:次世代エコハウス認定の取得。着工前(建売の場合は譲渡前)の事前登録

■中小企業の省エネ設備等導入
対象:専門家による省エネ診断に基づき、エネルギーの見える化を行い、二酸化炭素の削減効果が一定量以上見込まれる設備を導入する市内の中小企業
補助金額:上限300万円。補助対象経費の3分の1以内
補助要件:二酸化炭素の削減効果が15パーセント以上の設備導入

問合せ:本庁環境政策課地球温暖化対策室
【電話】426-3394

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640