ユーザー登録
文字サイズ

広報くらしき 2019年2月号

《特集2》税の申告はお早めに!(1)

3/68

岡山県倉敷市

平成30年分(1月1日~12月31日)の収入を対象とした市県民税の申告と所得税・復興特別所得税の確定申告の受付期間は、2月18日(月)~3月15日(金)((土)(日)除く)です。なお、還付申告(市県民税を除く)は、2月15日(金)以前でも各税務署で受け付けています。
期間中は大変混み合うため、早めの申告をお願いします。

■市県民税
◇申告会場・日時
各会場とも受付時間は9時~16時((土)(日)除く)
※市県民税の申告のみが対象
本庁207会議室 2月18日(月)~3月15日(金)
児島支所1階展示室 2月18日(月)~3月15日(金)
玉島支所5階大会議室 2月18日(月)~3月15日(金)
船穂支所2階大会議室 2月20日(水)
水島支所5階大会議室 2月25日(月)~3月1日(金)
真備公民館 3月5日(火)~8日(金)
茶屋町支所2階大会議室 3月12日(火)
庄コミュニティハウス 3月14日(木)

◇申告が必要な人
平成31年1月1日現在で市内に住所があり、次の要件のいずれかに該当する人。ただし、所得税・復興特別所得税の確定申告をした人は必要ありません。
(1)給与所得者で、給与以外の所得(個人年金など)が20万円以下の人
(2)年金受給者で、年金に係る雑所得以外の所得が20万円以下の人

◇申告に必要なもの
(1)申告書
(2)マイナンバーカード(個人番号カード)、または通知カードと運転免許証などの身分証明書
(3)印鑑(認め印)
(4)収支内訳書(事業所得・不動産所得などがある人は必ず持参)など
(5)収入や必要経費の計算ができる資料
(6)社会保険料の資料(国民健康保険料の支払額が分かるものや、国民年金の納付証明書など)
(7)生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料、地震保険料の支払額の証明書など
(8)給与や年金の源泉徴収票
(9)医療費控除を受ける人は、医療費の明細書または領収書
(10)寄付金控除を受ける人は、寄付金の領収書など

問合せ:本庁市民税課
【電話】426-3181

■所得税・復興特別所得税
◇申告・納税期限
3月15日(金)
※申告・納税期限に遅れると、加算税や延滞税が課されることがあります。
※贈与税の申告・納税期限は、平成30年7月豪雨により、5月7日(火)となる場合があります。詳しくは、問い合わせてください。

◇振替納税を利用する場合の振替日
4月22日(月)
※事前に預貯金の残高を確認してください。

◇申告会場・日時

※イオンモール倉敷に申告会場を設置している間、倉敷税務署では、提出される申告書などの受け付けと電話相談のみを行います。電話以外での相談や申告書の作成などは、イオンモール倉敷の申告会場を利用してください。

◇申告が必要な人
(1)事業所得や不動産所得などがあり、1年間の所得金額の合計額が所得控除の合計額を超える人
(2)土地・建物などを譲渡した人
(3)給与収入が2,000万円を超える人
(4)給与を1カ所から受けていて、給与所得や退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
(5)給与を2カ所以上から受けている人

◇税の還付の可能性がある人
給与などから源泉徴収された所得税額がある人で、次の要件のいずれかに該当する人
(1)マイホームを住宅ローンなどで取得した人
(2)多額の医療費を支払った人
(3)災害や盗難に遭った人
(4)年の中途で退職し、再就職していない人など

◇申告に必要なもの
(1)~(10)は、市県民税の申告に必要なものと同じ
(11)住宅借入金等特別控除を受ける人は、家屋の登記事項証明書、住民票の写し、売買契約書の写しまたは請負契約書の写し、住宅取得資金などの借入金の年末残高証明書など
(12)所得税・復興特別所得税が還付される場合、通帳など振込先の分かるもの

◇申告書の作成は国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」が便利!
・郵送などで提出
・24時間利用可
・計算誤りなし
・データ保存で翌年の申告でも利用可
作成した申告書などは、印刷して税務署に郵送するか、e-Tax(電子申告)で提出してください。詳しくは、「国税庁」で検索を。

問合せ:
倉敷税務署【電話】422-1201
児島税務署【電話】472-2630
玉島税務署【電話】522-3121

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 倉敷市 〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640